保険金が下りない | 自動車保険だけではなく自転車保険にも加入しよう
夕焼けと自転車

保険金が下りない

自転車と夜

自転車保険に加入することで、自転車の事故に関することは、ある程度カバーすることができます。
しかし、注意しておきたいのが、100パーセント保険金が支払われるわけではないということです。
自転車保険だけではなく、自動車保険などでもそうですが、被保険者に重大な過失がある場合は、保険金が下りないこともあります。
他にも、飲酒状態での運転、麻薬などでの心神喪失状態での運転の場合は、被保険者に致命的な過失があるので、保険金が支払われることはありません。
保険金が欲しいから、という理由で故意に事故を起こした場合でも、保険金が支払われません。
また。業務上での事故、日本以外での事故、ケンカなどの事故の場合も、保険金の対象にならないので、注意しておきましょう。

自転車保険とは、他人にケガを負わせた場合に補償されるものです。そのため、同居している親族に事故を起こした場合は、保険金が支払われません。
故意に事故を起こした可能性が高いですし、モラルハザードのリスクが高くなるから、などの理由のためです。
自転車保険に加入していても、このような理由で保険金が支払われないことが多いです。
保険金が下りない条件、理由は、自動車保険よりも多いです。
その理由は、自転車の場合は、自動車とは違って運転免許が必要ないですし、事故が発生する確率も高いからです。
様々な理由で、自転車保険の保険金が支払われないですが、会社によってもその基準は変わってくるので、事前に確認しておいたほうが良いです。