安い保険料 | 自動車保険だけではなく自転車保険にも加入しよう
夕焼けと自転車

安い保険料

サイクリング

保険料が高いから、保険に加入しない、という人も多いですが、自転車保険は保険料が安いのが特徴的です。
自転車は、自動車と比べると事故の規模も小さいので、事故に必要な金額も少ないです。そのため、自転車保険の保険料はリーズナブルな価格で設定されているのです。
保険料の料金相場は、年間約2,000円〜3,000円程度です。家族で加入したとしても、大きな金額にはなりません。
また、2年、3年、4年と契約を継続していれば、その分年間の保険料は安くなっていくので、契約が長くなれば20パーセント〜30パーセントはお得になります。
自転車保険の保険料は安いのですが、支払われる保険金額は安いわけではありません。

保険会社によっても、自転車保険の内容は異なりますが、ある程度の相場を知っておいたら、プランも選びやすくなります。
通院の場合は、1日約1,000円〜2,000円程度の補償、入院の場合は約1,500円〜3,000円程度の補償、後遺障害が残るような重症の場合は、約500万円〜3,000万円程度の補償が支払われます。
自動車保険とくらべてみると、安い補償になりますが、自転車保険の保険料を考慮すると、十分な金額です。
この相場の金額よりも、高額な保険金額が必要とかんがえるなら、特約付きの傷害保険に加入すると良いです。
特約付きの傷害保型なら、最大で1億円程度の保険金額が支払われるプランもあります。
電気自動車の場合は、他人に重症を与えてしまうような事故を起こす可能性もあるので、そういう場合は特約付きの傷害保険に加入すると良いでしょう。