必要性 | 自動車保険だけではなく自転車保険にも加入しよう
夕焼けと自転車

必要性

錆びた自転車

気軽に乗ることができる自転車ですが、事故に遭ってしまっては、多くのお金が必要になります。それをサポートしてくれるのが自転車保険です。
自動車保険の場合は、自賠責保険という加入義務がある保険がありますが、自転車保険の場合は、加入義務は無いので、知らない人も多いです。
しかし、最近では自転車の事故が増加していたり、電気自動車の人気が高くなっていたりすることもあり、自転車保険が注目されています。

自転車保険には、傷害保険と個人賠償責任保険があります。
基本的には、この2つの保険がセットです。なぜ2つセットなのかというと、事故では自分がケガするだけではなく、相手に損害を与える確率が高いからです。
そのため、傷害保険にだけ加入する、個人賠償責任保険だけに加入する、というのはあまり無いです。
自転車保険が適用されるのは、もちろん自転車に乗っている場合です。
そのため、自転車に乗っておらず、自転車を押している時に誤ってケガをさせた場合は、保険金が支払われないので注意した方が良いです。

自動車保険の場合は、車両保険があるので、自転車保険の場合も、車両保険があるのではないか、と思っている人も多いですが、車両保険はついていない場合が多いです。
その理由は自転車の場合は、自動車よりも価格が安いので、盗難や事故のリスクは自動車に比べると非常に低いからです。
そのため、自転車保険に加入している場合でも、自転車が壊れたり、盗難されたりしたら、全て自己負担になります。