バイク保険との違い | 自動車保険だけではなく自転車保険にも加入しよう
夕焼けと自転車

バイク保険との違い

通勤

自転車の場合は、自転車保険に加入する義務はありませんが、バイクの場合は自動車と同じ車なので、自賠責保険に加入する義務があります。
50ccバイクから250ccのバイクは車検が不要なのですが、自賠責保険は加入義務があるので、注意が必要です。
バイクは自賠責保険に加入しているので、事故を起こした場合は、自賠責保険から保険金が支払われることになります。
被害者が死亡したら約3,000万円程の補償、後遺障害が残るような重症の場合は、最高で約4,000万円程が支払われることになります。
それに対して自転車の場合は、自賠責保険のような強制保険はありません。
そのため、事故を起こした場合は、賠償金は全て自己負担で支払う必要があります。それをカバーするための、任意保険が販売されています。
同じ二輪ですが、バイク保険と自転車保険は大きな違いがあります。

自転車保険の場合は、被害者への保証金は最高1億円支払われることになります。それに対し、バイク保険の場合、対人補償なら無制限の補償が行われます。
物を破損した場合の補償は自転車保険の場合、最高1億円の賠償責任保険が適用されます。バイク保険の場合は、基本無制限ですが金額は任意設定となります。
事故で他人にケガを負わせた場合、自転車保険の場合は傷害死亡保険金で約400万円程、後遺障害で約400万円程、傷害入院保険金1日約6000円程の補償があります。
それに対して、バイク保険の場合、自損事故保険1,500万円、搭乗者傷害保険500万円、無保険車傷害保険2億円の補償があります。
このように同じ2輪の場合でも、バイク保険と自転車保険では大きな違いがあるのです。