大切な自転車だからこそ保険に入ろう

必要性

自動車保険の存在を知っている人は多いですが、自転車保険の存在を知っている人は少ないです。近年では、自転車の事故が増えてきているので、自転車保険の必要性が見直されています。

詳細を見る 錆びた自転車

安い保険料

保険に加入する上で、気になるのが保険料です。自転車保険の保険料の相場は、年間2,000円〜3,000円程度です。自転車の場合は、事故の規模が小さいケースが多いので、保険料も少ないです。

詳細を見る サイクリング

大切な保険

海外旅行を更に楽しむためにも三井住友海上の海外旅行保険についてはこちらで詳しく紹介しています。申し込みも簡単にできますよ。

子供と自転車

万が一の時のことを考えて、入っておきたいのが保険です。医療保険、自動車保険、火災保険など、様々な保険の種類がありますが、ここでは自転車保険にスポットを当ててみます。
自動車保険の認知度は高いですが、自転車保険はあまり知られていない保険です。
自転車保険とは、損害保険の種類の1つで、傷害保険と個人賠償責任保険の2つが組み合わさっています。
傷害保険とは、自分がケガをした時の補償のことで、個人賠償責任保険とは、他人にケガをさせたり、物を破損したりした時の損害補償です。
年に決められた保険料を支払うことで、自転車による事故を起こした時に、この2つの補償をしてくれます。
自転車に乗る人が多くなったただけではなく、自転車による事故も多くなりました。
そのため、自転車保険も注目を浴びています。

現状としては、自転車保険という名前の商品で売り出されているのはほとんどありません。
その理由は、定番の保険には、自転車保険と同じような補償があるからです。そのため、自転車保険に契約しようとする場合でも、他の保険を勧められることもあります。
自転車での事故で、一番怖いのは、相手にケガをさせてしまった時の、賠償金の支払いです。場合によっては、自動車事故と同じレベルの賠償金支払いになることもあるのです。
自転車保険は義務化されていないので高額賠償を請求されて、自己破産というケースも少なくありません。
実際に、自分の子供が事故を引き起こして、多額の賠償金を支払ったというケースもあります。
そのようなことを考えると、自転車保険に加入した方が良いのです。

節税対策を保険 の専門家に任せるなら、まずはこちらに問い合わせることが大切です!有力な資格を持った専門家が対応してくれます。

通勤

バイク保険との違い

自転車保険とバイク保険は、同じ二輪の保険なので、共通点もありますが、異なる部分もあります。自転車の事故も多くなっているので、その部分を理解した上で検討しましょう。

油をさす

コンビニで加入

保険というと、仕組みが難しく、契約するのも煩わしい作業が必要と思っている人は多いです。しかし、自転車保険の場合は、手軽に加入することができます。コンビニで自転車保険に加入することができるのです。

自転車と夜

保険金が下りない

自転車保険に加入しているからといって、必ず保険金が支払われるわけではありません。被保険者に大きな過失がある場合は、保険金が支払われないこともあります。また、保険金目的で故意に事故を起こした場合も、保険金は支払われません。